2017年09月25日

井口資仁選手の引退

日本ハム戦(ZOZOマリンスタジアム)で、ロッテ井口資仁選手の引退試合が、行われ、
9回に同点2ランを放ちました。

井口選手、2000本安打とか250本塁打とか、数々の偉業を達成しているけど
デビュー戦で満塁本塁打、引退試合の最後を2ランで締めくくるとは、
さすがとしか言いようがない。

まだやれそうじゃん。





井口資仁選手の引退
posted by ひかるe14l at 15:49 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

清宮幸太郎 プロ表明

早実の清宮幸太郎選手が、プロ志望を表明しました。

人気もあるし、高校通算111本塁打の実績もあるだけに、
ドラフト会議では、競合は間違いなさそうです。

ちなみにこれまでは、1989年の野茂英雄、90年の小池秀郎の
8球団競合が、記録だそうです。

さて、10月26日に行われるドラフト会議では、清宮選手、何球団から1位指名を受けるのか?

注目です。





清宮幸太郎 プロ表明
posted by ひかるe14l at 13:51 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

甲斐拓也 6割

プロ野球・ソフトバンクホークスの捕手、甲斐拓也捕手の盗塁阻止率が、
6割と圧巻の状態だと報じられています。

一般的には4割近くあれば、評価される盗塁阻止率ですから
6割となれば、確かに”凄い”ということになります。

甲斐捕手のすばらしさは、取ってから投げるまでが、素早いことと
スローイングが正確なことです。

もっとも上には上がいるもので、古田敦也捕手が、ヤクルト時代に.644という
とんでもない記録を持っているそうです。

甲斐拓也選手の今季の盗塁阻止率が、どれくらいになるか?
興味津々です。




甲斐拓也 6割
posted by ひかるe14l at 20:10 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

↓ この窓、検索に使えます!

キーワード:


ヒカルの日記」の先頭へ